◆トップページへ

▼レジンフラワー
▼Bag・小物

▼ランプ
▼押し花
▼新螺鈿
虹 の は な
魅惑的で美しい虹色のかがやき。 螺鈿の「螺」は螺旋状に渦巻いた形の殻をもつ貝類の総称で、螺鈿は夜光貝、蝶貝、鮑貝、鸚 鵡貝などの螺貝の貝殻を使用しています。 わが国における螺鈿技法のはじまりは、奈良時代とされています。平安時代になり、蒔絵や黒漆器に優美な文化を花咲かせ現在に伝承されています。
portrait いずれも漆を使用しておりますが「虹のはな」 は貝を薄く板状に裁断したものを形にし、合成樹脂の中へ漆のもつ独特の高雅な色彩をそこなわないように、一つ一つ心をこめて埋封し、神 秘的に虹色にかがやく新螺鈿として誕生致しました。
▲クリックで拡大(18.4KB)
   ⇒KB表示の作品は、クリックで拡大します

portrait
18.7KB
portrait
16.5KB
portrait
19.3KB

portrait
16.7KB
portrait
18KB

portrait
13.8KB
-La Den(新螺鈿)かんざし-
レジンと螺鈿を組み合わせた 新しい技法。合成樹脂の中へ貝を入れた作品で、漆塗りの様な高級感があるカンザシと帯留めです

portrait
14.8KB
portrait
15.7KB
portrait
15.0KB
◆トップページへ

▼レジンフラワー
▼Bag・小物

▼ランプ
▼押し花
▼新螺鈿